2010年04月24日

<福知山線脱線>強制起訴の元社長2人、「重く受け止める」(毎日新聞)

 強制起訴された南谷昌二郎、垣内剛の両元社長は23日夕、大阪市北区のJR西本社で相次いで報道陣の取材に応じた。ともに硬い表情で、慎重に言葉を選びながら語った。井手正敬元社長は取材に応じず、コメントなども出さなかった。

 南谷元社長は「(起訴を)重く受け止めている」とし、認否については、「これからの問題。真摯(しんし)な気持ちで対応していきたい」と語った。

 垣内元社長は「重く受け止めなければならない。事故当時の責任者として改めて深くおわび申し上げる」と頭を下げ、認否については「誠実に対応していく。弁護士と相談の上で私の見解をまとめたい」と述べた。

 またこの日、JR西の佐々木隆之社長もコメントを発表。「引き続き被害に遭われた方々に誠心誠意と受け止めていただけるような対応、安全性の向上、変革の推進に全力で取り組んでいく」とした。【牧野宏美】

<東レ>子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ(毎日新聞)
独法仕分けに意見602件 「不用施設は売却」「天下り禁止を」(産経新聞)
小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)
「最も親しみ感じる」日本はヨナ、韓国は真央(読売新聞)
1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
posted by ミタニ カツヒコ at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。